〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━♪
 〓
 〓 【 ごみ・環境ビジョン21 】      ♭
 〓           メールニュース
 〓                 4 号
 〓  ♪                  ♪
 〓    ♯♪     2017年9月10日発行
 〓                     ♪
 〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   こんにちは。ごみ・環境ビジョン21(通称:ごみかん)です。
 このメールニュースは会員さんだけではなく、市民ごみ大学セミナーの
 参加票にメールアドレスを記載された方や、これまでご縁のあった方などに
 向けて月1回、配信しています。
 メールニュースがご上要の方はお知らせください。
   今月もどうぞよろしくお願いいたします。

   ・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・
     ごみかん運営委員のリレーエッセイ
・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 日野市の小野寺勲です。

   環境省の推計によると、2014年度の全国の家庭系生ごみの排出量は
 822万トンで、そのうち堆肥化やバイオガス化など資源化されている
 量は55万トン(6.7%)に過ぎません。
  家庭系生ごみの資源化率が低水準にとどまっているのは、都市部では、
 用地難などから、施設を設置し、それによって資源化を進めることは難
 しいからです。このため、大抵の自治体は、もっぱら自家処理の普及に
 取り組んでいます。
   本来、自家処理は、各家庭で生ごみを分散処理することによって、
 設備や収集・処理などに税金を使わずに済む、理想的な処理方法であり、
 積極的な意味があります。
  意欲的な自治体は、当面の普及目標として、全世帯の10%への普及を
 目指しています。普及率が10%に達するまでにはかなり時間がかかりま
 すが、10%に達すると、急速に普及するというマーケティングの経験則
 があります。すでに香川県善通寺市や和歌山県橋本市では約4割、徳島
 県上勝町ではほぼ10割に達しています。
  ほとんどの自治体では、まだ目に見える結果は出ていませんが、将来
 必ず結果が出ることを信じ、市民と行政が協働して、粘り強く普及に努
 めていきましょう!(施設の導入も諦めずに)

    *前号のリレーエッセイで、運営委員の橋本久雄より「小平・村山・
   大和衛生組合の問題については9月下旬発行のnewごみっと・SUN
   vol.3で詳しくお伝えします《とお伝えしましたが、ページ割りの都合
   で11月下旬発行のvol.4に掲載します。

〓1────────────────────
    ごみかんからのお知らせ
  ────────────────────〓

 ◇ 秋の市民ごみ大学セミナー 

  『古布リサイクルの最前線 その常識は非常識?!』

  登壇者決定!!
  今回は古布をテーマに、フリーマーケットを推進する市民団体、
  資源を拡大した自治体、古布リサイクルのパイオニア企業から
  お話を伺い、古布リサイクルの「いま《を学習します。

  講師:*西東京市みどり環境部ごみ減量推進課 岩崎?都泰さん
     *ナカノ㈱ リサイクル部事業企画室 内田 長さん
     *リサイクル推進友の会 石倉 俊男さん

  日時:10月22日(日)13:30~16:30

  会場:府中市民活動センター「プラッツ《第3会議室
     京王線府中駅から徒歩1分(駅直通)
         府中市宮町1-100 ル・シーニュ6F

     参加費:一般1000円、会員/学生500円

チラシを添付しました。転送大歓迎です!


    ◇ 情報紙『newごみっと・SUN』vol.3は、9月22日(金)発行です。

  内容
  ・多摩地域30自治体のごみ減量と資源化
  ・ごみ減量へがんばる自治体 *新潟市
  ・会員さんってこんな人 *山谷修作さん
  ・ごみ よもやま話
  ・里穂 ドイツのエコあれこれ
  ・注目資料ダイジェスト 都道府県のごみ減量・資源化の比較

    ★「ごみっと・SUN《(A4 16ページ)は会員限定で年6回発行しています。
 ★ 入会を検討されている方には、見本紙(PDF版)をお送りしますので、
    gomikan21@docomo.ne.jp へご連絡ください。
 ★ 入会方法はこのニュースの最後に記載しています。

〓2 ────────────────────
     情報いろいろ
   ────────────────────〓

◇ 映画『日本と再生』と飯田哲也さん講演会
  https://www.facebook.com/events/245120575996358/?fref=ts

  日時:10月1日(日)13:00~16:00
       上映 13:00~14:40
       講演 14:50~15:50
  会場:恵泉女学園 大学南野キャンパス視聴覚室
(東京都多摩市南野2-10-1)
  ※京王線・小田急線・多摩モノレールの多摩センター駅下車
    駅前の京王プラザホテル前から
    10分おきに出ているスクールバスで7分乗車
  ※参加費:500円  *学生 / 障がい者 無料
  ※申込み/問合せ:070-5369-0230
         info@tama-enekyo.org
  主催:恵泉女学園大学
  共催:一社)多摩循環型エネルギー協会
     子どもと未来の会
  ※10:00から南野キャンパス屋上の市民発電所ソーラーパネル清掃体験も!
   当日はファーマーズマーケットも同時開催!
   http://www.keisen.ac.jp/campuslife/farmers-market/


◇ 脱原発 被災地支援「あれから6年の福島へ 学習バスツアー《

  日程:11月19日(日)~20日(月)
    1日目 白河市のアウシュビッツ平和博物館
        原発災害情報センター
宿泊 : いわき湯本温泉古滝屋
    2日目 古滝屋16代目の里見嘉生さんのガイドで過去・現在・未来を
        つなげる今の福島を知るツアー たらちね診療所見学など。
  定員:40吊
  参加費:25,000円(予定)
  締切り:10月末日
  申込み:なくそう原発清瀬の会 Tel/Fax 0424-91-5157(佐藤)

   〓3 ────────────────────
     ごみかんからのお知らせ、お願い
   ────────────────────〓

 ∇ お引越しの際は新住所をお知らせください。
   メールアドレスを変更された場合もお知らせください。

    ∇ ごみっと・SUNの受け取りは、紙媒体かPDF版かを、
   選ぶことができます。PDFは電子メール添付で送ります。
   PDF版は管理がしやすく、必要なページだけ印刷できる、
   写真やグラフがカラーできれい、と好評です。
   gomikan21@docomo.ne.jp まで、メールでお申し込みください。

 ∇ メールニュースがご上要の方はお知らせください。

 ∇ 新ごみかんのホームページ http://gomikan21.com/ から
   NPOごみかんのホームページを閲覧することができます。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ごみ・環境ビジョン21への入会方法
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ∇ 方法① ごみ・環境ビジョン21(担当:井上)まで
    お電話、FAX、メールのいずれかで入会希望をお知らせ下さい。
          直近のnewごみっと・SUNと郵便払込取扱票をお送りします。
       *ご住所、連絡先をお忘れなく。

   方法② 郵便局にある払込取扱票で2017年度会費をお振込みください。
      通信欄に「入会希望《とご記入ください。
      直近のnewごみっと・SUNをお送りします。

       口座記号番号 00130-1-603521
       口座吊称 ごみ・環境ビジョン21

          会費 ①個人会員 3000円/年
         ②団体会員 6000円/年(ごみっと5部)
           ③賛助会員 10,000円/年



〓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ごみ・環境ビジョン21

   184*0013
   小金井市小金井市前原町4-11-15 井上方
   TEL 080-9291-3628
   FAX 042-383-1668

       ★e-mail gomikan21@docomo.ne.jp
   ★ホームページ http://gomikan21.com/
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〓