ようこそ!
ごみ・
境ビジョン21へ
 通称 ごみかん
  
↓旧ごみかんのHPはここをクリックすると閲覧することが出来ます。
旧ごみかん

更新 2020年9月20日




ここをクリックして検索ウインドウに表記されている 
gomikan21.comの次にキーワードを入力すると、
ごみ・環境ビジョン21のHP内の検索ができます。
詳しい使い方はこちらをクリックしてください。

「いいね《や「フォローする《をクリックすると、
常に表示されるようになります。
 


ごみっと・SUNvol.21 2020年9月17日発行しました。

メールニュース40号 2020年9月10日発行しました。



10月の市民ごみ大学セミナー開催決定しました> 2020年10月17日
  ※ソーシャルディスタンス確保のため今回は広い会場を用意しました!
  開催場所:国分寺労政会館 4階 第五会議室
  開催時間:14:00~16:30
多摩地域のごみさらなる減量を進めるために                        
   環境省が毎年発表している、全国の人口10 万人以上50 万人未満の市の、1人1日当たりごみ総
  排出量ベスト10 において、東京・多摩地域の自治体がこのところ3 年連続で8 つを占めています。
  多摩地域は、ごみ減量の先進地域となっています。
  今回のセミナーでは、多摩地域のごみ減量の取り組みにも精通しておられる山谷先生に、多摩地
  域をごみ減量の先進地域に押し上げている要因を解明していただくとともに、さらなるごみ減量に
  向けた今後の取り組みの参考となるお話をしていただきます。  
  また、自治体からは、事業系ごみ対策で大きな成果を上げている武蔵野市でそれを担当されてい
  る菅野さんに取り組みの具体的な事例を紹介していただきます。
  行政のごみ対策担当のみなさんも、この機会を逃さないよう今からご予定ください。




メールニュース39号 2020年8月10日発行しました。

レジ袋有料化の実態を検証する   (ごみっと・SUNvol.20より抜粋)
                    ※8月17日に一部訂正しました。
  世界中の海や陸地でプラスチックごみによる汚染が深刻化しています。
  このため、2018年6月に発表された国連環境計画(UNEP)の報告書によると、
  世界で127ヵ国(一部の自治体を含む)が使い捨てプラスチックの象徴となっている
  レジ袋の使用を禁止、課税、有料化といった方法で規制しています。
  レジ袋の使用規制は、世界の潮流となっています。
  日本は、これまで世界の大勢に背を向け、レジ袋の無料配布を放置してきました。
  しかし、こうした日本の現状がオリンピック・パラリンピックに集まる世界中の人
  びとの目に触れれば、日本のイメージダウンになることから、国は7月1日から全国
  一斉にレジ袋を有料化することにしました。周回遅れながら大きな前進ですが、こ
  の有料化には抜け穴があり、本稿では有料化がどの程度実施されているかを検証しました。
                 ごみ・環境ビジョン21運営委員 小野寺 勲




ごみっと・SUNvol.20 2020年7月24日発行しました。

メールニュース38号 2020年7月10日発行しました。

メールニュース37号 2020年6月13日発行しました。

生ごみリサイクル交流集会は中止となりました。 (ごみっと・SUNvol.19の「お知らせ《参照下さい)
   今年の生ごみリサイクル交流集会は6月20日に予定していましたが、
   実行委員会では非常事態宣言が5月末まで
   延長された時点でやむなく中止と判断しました。


ごみっと・SUNvol.19 2020年5月21日発行しました。

メールニュース36号 2020年5月10日発行しました。

メールニュース35号 2020年4月14日発行しました。


ごみっと・SUNvol.18 2020年3月25日発行しました。

メールニュース34号 2020年3月13日発行しました。

メールニュース33号 2020年2月16日発行しました。

メールニュース臨時号 2020年2月2日発行しました。


ごみっと・SUNvol.17 2020年1月17日発行しました。

メールニュース32号 2020年1月12日発行しました。


2020年市民ごみ大学セミナーチラシ出来ました。  2020年2月8日(土)開催です。
   あふれるモノと向き合う!
    実家や自宅の
    修活&片付けの現場より
    ☆修活セミナーで伝えたいこと        千葉企業 (株)会長  千葉 一枝 さん 
    ☆活かせるものは最大限活かす片付け事業   一般社団法人 共働事業所「 よって屋《 代表 重田 益美 さん

メールニュース31号 2019年12月11日発行しました。


ごみっと・SUNvol.16発行しました。

メールニュース30号 2019年11月17日発行しました。

市民ごみ大学セミナー”「気候危機はここまできている!《2019年11月4日開催しました。

メールニュース臨時号 2019年10月24日発行しました。

メールニュース臨時号 2019年10月11日発行しました。

緊急のお知らせ!!
   10月12日開催予定の市民ごみ大学セミナーは台風の接近で順延します。
   新しい開催日は 11月4日(月)となります。
   開催場所・時間は変わりません。
   開催場所:国分寺労政会館
   時間:13:30~16:00
   (発信10月10日)


メールニュース29号 2019年10月5日発行しました。

●ドイツのエコNo.15で紹介のyou tube
   「ライン・フンスリュック郡 エネルギー転
   換の先駆者たちの故郷《(日本語字幕付き)
   * you tube で以下の文字を入れて検索
   updated version: Rhein-Hunsrueck


ごみっと・SUNvol.15発行しました。

メールニュース28号 2019年9月16日発行しました。

10月の市民ごみ大学セミナー 2019年10月12日(土)開催決定しました。PDFファイルを印刷して拡散お願いします。
テーマは“気候危機はここまできている!″です。奮ってご参加下さい。

地球温暖化の進行状況と国内外の取り組み

 一般社団法人 地球温暖化防止全国ネット
全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)
 事務局次長 木こば場和義 さん

講演内容
① 地球温暖化のメカニズム
② 世界と日本の温室効果ガスの排出状況
③ 世界と日本 温暖化の進行状況と将来予測
④ 世界と日本における温暖化の影響
⑤ 国際的な温暖化への取り組み動向
⑥ 日本の温暖化への取り組み
⑦ 私たちにできること
メールニュース27号 2019年8月13日発行しました。

ごみっと・SUNvol.14 2019.7.25発行しました。

メールニュース26号 2019年7月11日発行しました。

メールニュース25号 2019年6月13日発行しました。

ごみっと・SUNvol.13 2019.5.25発行しました。

メールニュース24号 2019年5月13日発行しました。

●「容器包装の3Rを進める全国ネットワーク《主催 
   ” マイクロプラスチックによる海洋汚染と解決策について、一緒に考えてみませんか。”
   開催のお知らせ。
   ※こちらのPDFファイルから印刷して拡散お願いします。

第11回生ごみリサイクル交流集会in多摩2019 チラシ出来ました。
   6月22日(土)13:30~16:30 国分寺労政会館3階第3会議室 で開催予定です。
   印刷拡散お願いします。

2017年度3Rの取り組みベスト10(環境省3月26日発表)

メールニュース23号 2019年4月8日発行しました。

ごみっと・SUNvol.12 2019.3.20発行しました。

メールニュース22号 2019年3月10日発行しました。

2月17日の市民ごみ大学セミナー 開催されました。

メールニュース21号 2019年2月11日発行しました。

ごみっと・SUNvol.11 2019.1.21発行しました。

毎日新聞「かめおかプラスチックごみゼロ宣言《の記事

メールニュース20号 2019年1月15日発行しました。

ごみ・環境ビジョン21の活動内容ご案内

   東京・多摩地域を中心とした市民活動情報誌
   「市民活動のひろば《(特集)3R作らない・再利用・再資源 に掲載されました。

2月の市民ごみ大学セミナー チラシ出来ました。

メールニュース19号 2018年12月7日発行しました。

市民ごみ大学セミナー 開催決定!! 2019年2月17日(日)国分寺労政会館 第3会議室 13:30~16:30
     「ごみ減量、多摩地域は
      こうしてトップランナーになった《
        講師:山谷修作さん(東洋大学教授)
           加藤了教さん(小金井市民)
           小野寺勲さん(日野市民)
     ごみっと・SUNVol.10 お知らせよりご覧ください。

ごみっと・SUNvol.10 記事より
      迷える資源ごみはどこへ行く(中国)
            一部資源ごみ輸入禁止を受けて


ごみっと・SUNvol.10 2018.11.24発行しました。

メールニュース18号 2018年11月11日発行しました。

ラジオボタンを追加しました。
  旧ごみかんから通して閲覧できます。


3R全国ネットメールニュース197号が 2018年10月31日に発行されました。
 ------ 目 次 --- C o n t e n t s --------------------------------

巻頭言
<1> 第3回プラスチック資源循環戦略小委員会報告
<2> 10・29 プラスチック資源循環戦略素案に市民提言!
<3> 世田谷区で海や川のプラスチックごみ削減の学習会
<4> 【レポート】ヒトの便からもマイクロプラスチック
<5> 東京23区・練馬からの活動報告
 ---------------------------------------------------------


メールニュース17号 2018年10月14日発行しました。

●3R全国ネットより
  3R環境教育用の小冊子(A5判24頁4色)
  『容器包装をみなおそう!~海洋プラスチックごみ削減に向けて~』発売中!!
  10月20日開催の市民ごみ大学セミナーにて販売しています。

ごみっと・SUNvol.9 記事より
  *いの*の編集後記拡大版
   好奇心と腰の軽さは 20 代 …の 60 才越え姉妹の旅 その2
 「屈しない人たちの力に触れる二人と一匹*東北の旅《

ごみっと・SUNvol.9 2018. 9.23発行
 

市民ごみ大学セミナー 10月20日(土)13:30~16:00開催 チラシ出来ました。
  ※PDFファイルをコピー、印刷して配布にご使用ください。

3R全国ネットメールニュース196号が 2018年9月21日に発行されました。
 ------ 目 次 --- C o n t e n t s --------------------------------
  巻頭言
 <1> 3R環境教育用の小冊子申し込み。1部100円。
 <2> 第2回プラスチック資源循環戦略小委員会
 <3>『海洋プラスチック憲章』に日本も署吊を!のキャンペーン
 <4> 【レポート】世界の水道水もマイクロプラスチックで汚染
 <5> 東京多摩のごみ環境ビジョン21からのお知らせ
 ---------------------------------------------------------

メールニュース16号 2018年9月10日発行しました。

メールニュース15号 2018年8月14日発行しました。

を新設しました。 2018年8月5日

ごみっと・SUNvol.8 記事より

脱使い捨てプラスチックに向けた
世界の取り組み


ごみっと・SUNvol.8 2018. 7.26発行

メールニュース14号 2018年7月11日発行しました。

第10回生ごみリサイクル交流集会in多摩2018 平成30年6月9日(土)開催しました。

メールニュース13号 2018年6月7日発行しました。

メールニュース臨時号2 2018年5月29日発行しました。

ごみっと・SUNvol.7 記事より

ありがとう !

ごみ ・ 環境ビジョン2 1 は
ここから始まり、 20周年を迎えました


ごみっと・SUNvol.7 2018. 5.13発行

使い捨てプラスチックの発生抑制に向けた世界の動き
海ごみ問題から考える私たちの暮らしとプラスチック

   脱使い捨て,脱プラスチックに向かう世界
~フランスの「プラスチック製使い捨て容器・食器禁止法《の衝撃~
京都府立大学 山川肇
☆目次
1.使い捨てプラスチック削減に向けた国際的な動き
2.フランスの使い捨てプラスチック削減の取組み
3.韓国の一回用品使用規制の長年の取組み
4.レジ袋削減の国際動向
5.マイクロビーズの規制・使用抑制の動き
6.PETボトル削減の動き
7.おわりに

メールニュース12号 2018年5月9日発行しました。

第10回生ごみリサイクル交流集会in多摩2018 平成30年6月9日(土)開催します
☆事業者

食品ロス削減に向けた
企業の取り組み


(株) セブン&アイHLDGS .
総務部 廃棄物・資源リサイクル
藤乘 照幸 さん

☆事業者

食品廃棄物の飼料化と
ループリサイクルの
取り組み


株) 日本フード
エコロジーセンター
 代表取締役
高橋 巧一 さん(獣医師)

☆川崎市

ダンボールコンポストを軸に
「たのしい循環生活《
をすすめる


環境を考え行動する会
代表 天野 悦子 さん


☆八王子市

八王子市の
生ごみ資源化対策と、
ダンボールコンポストの
普及活動

八王子市生ごみリサイクルリーダー
赤木 省三 さん

☆日野市

教育現場で広がる
「生ごみリサイクル
  菌ちゃん野菜作り


ひの・まちの生ごみを考える会
代表 佐藤 美千代 さん


「下水道への紙オムツ受入実現に向けた検討会《へ計画の中止を求める 要望書を提出しました。2018年4月10日
 合流式下水道の整備は東京都の23区は80%、市では11市でほぼ85%近く完了されています。
合流式は分流式よりも海への放流水水質が下回ることが前提で、汚染水を全く流さないということではありません。
 近年集中豪雨が頻発する現状では、マイクロプラスチックは相当量海に放出されると予想されます。
 http://www.gesui.metro.tokyo.jp/about/pdf/currentproblem.pdf
 http://www.mlit.go.jp/common/000172450.pdf

メールニュース11号 2018年4月8日発行しました。

newごみっと・SUNvol.6 2018. 3.24発行 ●第10回生ごみリサイクル交流集会in多摩2017 開催日程平成30年6月9日(土)に決定しました。
   内容は後日発表します。 開催場所:国分寺労政会館
メールニュース10号 2018年3月11日発行しました。
市民ごみ大学セミナー 2月18日(日)開催しました。
メールニュース9号 2018年2月12日発行しました。
newごみっと・SUNvol.5 2018. 1.27発行
メールニュース8号 2018年1月14日発行
市民ごみ大学セミナー 2月18日(日)13:30~16:00開催
多摩地域に見る生ごみ資源化の取り組み
☆目次
Ⅰ 多摩地域のごみの現状

<内容>
1.全国の3Rの取り組みベスト10
2.他地域との比較
3.多摩地域の特徴
4.ごみ減量・資源化の取り組み
5.広域処理
6.埋立事業
7.エコセメント化事業
Ⅱ多摩地域 の生ごみ 資源化の取り組
<内容>
1.生ごみ自家処理
2.地域共同農園(コミュニティガーデン)
3.大型生ごみ処理 機による
4.生ごみ分別収集モデル事業
5.民間生ごみ処理施設
6.町田市のバイオガス化施設計画

メールニュース7号 2017年12月12日発行
newごみっと・SUNvol.4 2017.11.23発行
東京ごみストーリー*2 2017年11月14日から11月17日迄
  毎日新聞に連載の記事完結編です。

東京ごみストーリー 2017年11月3日から11月11日迄
  毎日新聞に連載の記事です。

メールニュース6号 2017年11月5日発行


過去の記事